Tai-Maxの日記

私たちは日々の生活の中で膨大な量の情報にさらされています。知りたいことがあればインターネットを使ってすぐに調べることができます。まさに情報社会です。 しかしそんな情報に対する私たちの態度はどうでしょうか。 簡単に手に入る情報を鵜呑みにしてしまったり、そもそもよく調べないまま上辺だけの知識に留まってはいないでしょうか。 情報に対して受動的ではなく、能動的な態度で挑もうというのが『思考日記』のテーマです。 ここでの内容はあくまで個人的見解なので、異論は受け付けます。 ​皆さんも一緒に思考してみてください。

「おいしい」の記憶

ãæãåºãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

俺だけ?

確かにあの時食べた海鮮丼はおいしかったって覚えてるけど、実際にどんな味だったかと聞かれると全然覚えていない。

小学生の時に行った北海道で食べた車海老、富士山で食べた金華豚、社長に連れて行ってもらった台中で一番高い焼肉屋のいちばん高い肉、どれも「めっちゃうまい!!」って言いながら食べてたけど、今となってはどんな味だったか全然覚えていない。

でもその時にした会話の内容とか、料理の盛り付けとかは覚えてる。

それらは視覚映像として残っている。

人間は情報の8割を視覚で処理しているとも言われているから、視覚情報が記憶にも残りやすいというのは納得できる。

味をちゃんと覚えている人はどうやって覚えてるんやろ。

視覚化してるんかな。

 

いや、そもそもホンマに覚えてるんか怪しいところやでな。

例えば味覚を痛覚に変えて考えてみるとどうなるだろう。

アノ時の痛みは、イマはもう感じていない。

痛みというのは原理的に痛い時だけ痛いのであって、痛くないときは痛くない。(あたりまえのことだが。)

つまり、痛いのは常にイマ・ココ(私の身体)だけである。

この「イマ・ココ」に閉じ込められている痛みを、「痛カッタ」と過去形で語ることは何を意味しているのだろうか。

頭の中でアノ時の「痛い」に遡って、イマの視点から回想しているのだろうか。

もしそうだとしたら「ココ」を離れている時点で、真の痛みと回想によって得た痛みとでは性質が異なることになる。

つまり、本来感じていた痛みとは別の痛みについて語っていることになる。

でもよく考えてみれば味覚や痛覚だけじゃなくて、「思い出す」という行為は全般的に過去のものを引っ張ってくるというより、新しい過去をその場で創り上げていると言えるような気がしてきた。

 

もっと考えたいけどちょっと疲れたからまた今度。

お腹すいたな、何食べよ。

どーせ忘れるし、めっちゃまずい料理作ってみよかな。

よく聞け、40代~50代の中堅ども

ãno thanksãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

「若い内の苦労は買ってでもしろ」とよく言うが、嫌だ。

「若い内にたくさん世界を見ておけ、

挫折を経験しろ、本を読んでおけ、、」

なんかおかしくないか。

どうして「若い内」なんだ。

死ぬまでが人生。

若くなくても世界は見た方が良いし、

本も読んだ方が良い。

ほんで、なんで辛いことをしなくちゃいけないんだ。

苦しみを乗り越えて得た喜びを美化しすぎだし、それがカッコイイという風潮も古臭ぇ。

苦しみはいらない。

初めから喜びだけでいい。

 

 

 

って俺の友達が言ってたで。

 

俺のおかげ、お前のせい

ããã£ã¡ãã£ããããããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

外国語を勉強したことのある人なら誰しも、勉強したことをいざ使ってみると全然通じなかったという経験はあると思う。

私も3~4年前に台北に遊びに行って、

九份行きのバスを探していた時に

中国語で「すみません、九份へ行きたいんですが」って言うと「は?」って返ってきた。

(台湾では相手の言っていることが聞き取れなかったとき「は?」と返す。)

それで自信を無くして、中国語を勉強しつつも自信をもって話すことが出来なくなった時期もあった。

でも昔、英語を勉強していた時に、アメリカ人の友達が言っていたことを思い出した。

「伝わらないのは自分の発音が悪いからだけではなく、相手の聞く力にも問題がある」。

それを思い出してからは何となくコミュニケーションが上手くいかないと感じたときは「相手のせい」と思うことで、自信を無くさずにぶつかっていけるようになった。

 

特に日本人は自分のせいにしたがるけど、相手のせいにすれば気は楽になる。

 

最近2キロ太ったんやけど。

「正常」は「異常」の中にある

ãå®å® 人éãã¤ã©ã¹ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

昔の人々は

宇宙について研究するか、人間について研究するかの2択があり、

宇宙を選んだという。

そこからギリシャ神話へと続いていったらしいが。

ここでの問いは、なぜ身近な人間ではなく、

はるかかなたに存在している宇宙を選んだのかということ。

物理的な距離で言うと宇宙の方が遠くの存在であるのは間違いない。

ただ観察するとなると、観察する主体が人間である以上、

その作業はとてつもなく難しいものとなる。

要するに観察対象と観察主体が同一であるために生じる難しさである。

故に宇宙を選んだ。

風邪をひいて初めて自分に体があるってことや、

普段は喉が痛くないということ、そして健康のありがたみが分かる。

恋人と別れてその存在の大切さに気付くのと同じ。

今分かったからと言って、この気持ちを今後もずっと持ち続けられるのかと言えば、恐らく答えはNO NO NOである。

どうせすぐに忘れてしまうだろう。

それも人間。

「正常」は「異常」を経験しないと分からない。

 

 

*もっと違うこと書くつもりやったのに

 書いてる間に忘れてしまって強引に終わらせた。

 こんなときどうしたらいいの?

 

何の曲かわかる?→悲しみのない自由な空へ翼はためかせ

ã天äºãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

すぐわかった人、すげえ!!

ちょっと思い出すのに時間かかった人、今、上向いてたやろ?

 

 

何かを思い出そうとするとき、どうして自然に目線を上にやってしまうのだろう。

別にそこに何かが書かれているわけでもないのに。

 

何でか分かる?

 

 

 

ヒント。

 

 

どうやら人間は情報の約8割を目で処理しているということと関係があるそうである。

(五感の内、目は情報処理のほとんどを占めている。)

 

 

 

 

 

 

一般的に言われている答えは、「情報を遮断するため」である。

何かを思い出そうとするまさにその時にも、目は外界から多くの情報を得ている。

それでは容量不足になり、思い出す作業に負荷がかかってしまう。

外から入ってくる情報を遮断するために、人間は比較的情報の少ないところを見ようとするのである。

(ちなみに、一日の中で目からの情報を一番遮断しているのは睡眠時である。

睡眠中は記憶の整理が行われているので、英単語などを効率的に覚えるためにはやはり睡眠は不可欠だと言える。)

 

 

、、、はい。

 

 

何が言いたいかと言うと、

今の時代、調べれば何でもすぐ分かるということ。

「思い出す時、上を向くのはなんでやろ」という疑問が不意に俺の中に降りてきて、気になったからその場でグーゴゥ(google)。

5秒で納得のいく答えが得られた。

知識はあるに越したことないけど、全部知っておく必要はない。

調べる習慣があれば!!

 

 

バラード歌う時に目を瞑ってしまうのは何でやろ…

自分に酔ってるだけ?

 

あ、タイトルの答えは「翼をください」です。

 

鬼門New Open

ãæãæããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ついに開いてしまった。

今日から約1カ月、台湾ではお化けがこの世に戻ってくる。

まあ、お化けの夏休みといったところか。

この期間、「してはいけないこと」がたくさんある。

 

たとえば、

①夜、洗濯物を干してはいけない

 →干すとお化けがその服を着る

 

②夜、口笛を吹いたり、楽器を演奏してはいけない 

 →お化けが鑑賞しに来る

 

③部屋の中で傘をさしてはいけない

 →お化けが集まってくる

 

④海や川に行ってはいけない 

 →足を引っ張られて、その人と交替する形でお化けが復活する

 

⑤名前を呼ばれても振り返ってはいけない

 →連れて行かれる

 

⑥手術をしてはならない

 →手術中に体を乗っ取られる

 

などなど、、、他にもたくさんある。

この1カ月はあまりいい月じゃないから、

結婚式も行われないし、バイクや車を買う人もいないらしい。

普段はイケイケの兄ちゃんでも、鬼門の季節のルールはわりとしっかり守るらしい。

なんでか聞いてみると、「念のため」だそうだ。

 

 

俺は逆に制覇しようと思う。

でも誰も名前を呼んでくれない、、、

言葉が思考を支配する!?

ãæã人形ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

これまで私は、話す言語が違っていても、相手の言ったことを処理する方法は人類普遍的なものであると思っていた。

しかし中国語のような声調言語(同じ音でも発声の仕方によって意味が変わる言語)はどうも少し違った言語処理をしているように感じる。

 

*声調言語*

「媽、嘛、馬、罵」は全て「マー」という音であるが、イントネーションで意味が変わる。

 

例えば日本語の場合、食べ物の話をしていて「はし」という音が聴こえると、それはほぼ間違いなく「箸」のことである。

車の運転をしている時に「はし」の音が聴こえると、「橋」のことであるとすぐに分かる。

実際に関西と関東では発音が逆になるが、意味処理はおそらく正常に行われる。

しかし中国語の場合、正しく発音をしないと全く通じないのである。

先日友達と旅行先で換金の話をしていた時に、私は「ドゥイフアン」(換金)と言ったのだが、その友人は全く理解していない様子であった。

そのあと正しい発音をしてもらうと、大して間違っていたようには聞こえない。

仮に間違っていたとしても、それまでお金の話をしていたという文脈がある。

にも拘わらず伝わらなかった。

日本人であれば音がはっきりと認識できなかった場合、文脈を参照して予測しようとするが、ここではその態度はうかがえない。

正しい発音が聴こえてくるのを待っているかのようである。

これは言語の違いなのか、言語の違いが生んだ習慣なのか。